Subscribe to my RSS feed

広告宣伝費がお店の浮沈を握っている。

いまや性風俗業界の中でも、飛ぶ鳥を落とす勢いのデリヘル産業なのですが、参入するのは易しくて、継続するのはとても難しい商売となっているのです。10軒のデリヘルが開業しても、その中で成功するのは1軒くらいというところでしょうか
デリヘル全体の売り上げが伸びているのはそれだけ努力している経営者がいるからなのは間違いありません。
気の持ちよう一つのですが、デリヘルさえ始めてしまえば儲かると思うのは幻想に過ぎないのですし、そういう考えの経営者の経営するデリヘル店は長くは持たないのです。
みんな、然るべく努力をして成功をおさめているということですね。
そして、その成功の鍵を握っているのがデリヘル嬢であるのもちろんです。
レベルの高い女の子を5人抱えるだけでも、そのデリへル店は繁盛を約束されたものだといわれています。
それだけ、女の子で決まるのは、デリヘルだけではなくて風俗業界全体にも言えることです。
風俗業界はしょせんは射精産業ですから、いかにお客さんに気持ちのよい射精をしてもらえるかが勝負の分かれ目ともいえるのです。
それでは魅力のあるデリヘル店舗を保ちつつ、かつ経費を抑えるにはどうしたらいいでしょうか。
その端的な方法は、待ち合わせを併用してドライバーにかかる人件費やガソリン代を削減することでしょう。
路上待ち合わせは客にとっても魅力的なオプションです、デリヘル嬢の私服姿を拝みたいと思っている男性は多いのです。
また、協力店を募って、共同で求人広告を出すのも有効な手段と言えます。
今まで、1ページの半分のスペースに出稿していたものを合同で求人広告を出すことにより、より大きなスペースに目立つ求人広告を打つことができるのです。その上求人広告費も削減できるということでまさに一石二鳥ということが言えますね。
デリヘルを利用するお客さんは、信頼と安心を求めている傾向にあります。それを得るには信頼できる媒体に他店よりも大きな広告を出すことが近道なのです。
そして「デリヘルは開業資金が少なくて大儲けできる」などと簡単に結論づけるのは早計です。
むしろ、デリヘルは簡単に開業できるのですが、生き残る、さらには勝ち残って利益を出し続けるのは相当難しいといえるのです。
デリヘル開業に関して、誰でも簡単に成功できるような論調で書かれた書籍やサイトが氾濫していますが、それは当初の話であって、今は淘汰のまっただ中というのが実情なのです。
さてデリヘル店へのクレームで一番多いのは、「何もしてくれなかった」ということらしいです。
そのような場合は女性を呼んで事情を聞いてみなくてはいけません。
現場を見ていないので当人同士しか真相はわからないのですが、プレイに対するクレームは客が真実を言っている場合が多いです。
このような場合、目先のお金にとらわれずに女性をスパッと切ることも時には大事です。
直らなければ退店してもらうしかないのです。
デリヘルの開業は、店舗型風俗よりは圧倒的に少なくて済むにせよ、100万単位の固定支出を覚悟しなければなりません。
デリヘル嬢への給料は上げることはあっても、下げることはできないのです。
性風俗業界の常識を破ってデリヘル嬢への給料を7対3に引き下げるなんて言い出せば、女の子はすぐに稼げる他のデリヘル店に移ってしまうでしょう。
しかし、広告費などの経費となると話は別です。スクラップ&ビルドの激しいこの業界で長く安定した収入を得たいなら、経費削減は絶対です。
これは風俗業界全体にいえることですが、毎日現金で収入を得ているので、総じて経費削減の意識が低いということですね。

そんな厳しいデリヘル業界ですが、このようなサイトで全貌を知ることができます。
デリヘルシティ/中野
http://dl-city.net/shoplist/area_tokyo_13.html
デリヘルシティの中野版です。

こういうのを知ることで非常に広く深い知識を得ることができます。

風俗店の新着情報

★激安の団体様割引き★


団体で利用したい!!というお客様・・・朗報です(`・ω・´)
ご予約の際に『団体で!!』と
一声いただければ2名様から
更に激安にお得に奥様をご案内させて頂きます♪


¥1,500 OFF!&お時間15分サービス!!
皆様でのご利用お待ちしております!!


(交通費は別途)

地域最安値でございます(`・ω・´)!!
他店様より1円でも高い場合はご相談ください♪


お電話御待ちしております♪